世界からの批判

そんなイスラエルがこれから先、国際社会という立場から孤立するような事態に陥ろうとしている。何が起きたのかというと、これは現在の首相がイランが行っている核製造について『合意』する考えを示したのです。日本には非核三原則がある、これにより核兵器を持つことを禁じるとしている。また大国でも核兵器こそ所有しているが、それはあくまで自衛のためであり、核を持っている国への抑止力として機能している。現在、核兵器を持つことが許されているのは世界でも少数、その中にイランの名は記されていない。

イランはここ10数年の間で、核兵器開発を他国から止めるよう促され続けているが、それに答えること無く現在も研究を続けている。そんな姿勢は大国にすればいつ攻撃を仕掛けてくるかわからない脅威の存在として見られ、各々がイランとの繋がりをなるべく断とうとしている状況にある。そんな中でイスラエルが決断した核開発を合意する考えは、ただでさえ情勢不安が続く国を更に追い詰めることになる材料となってしまったといえる。

現に、アメリカはイスラエルの動きに対して怒りを示し、今後の展開次第によってはイスラエルを敵に回すことさえ厭わないと滲ませる声明を出している。イスラエルにすればイランの核開発に合意することで中東の問題を少しでも無くそうとするためのものだったのかもしれないが、逆に自分で自分の首を絞める状況に陥ってしまったと考えることが出来るのです。

色々ある宗教
まつげエクステ、まつげエクステ付け放題 とにかくたくさんつけたい!ボリューム派のあなたに!今、注目のお店がひと目でわかる♪

いずれ攻撃を受ける可能性

イスラエルにすれば将来的な危険を回避するための手段だったのかもしれない、けれどイランにすればそんな意図を介する必要も実際ない。事実、この国の内情がどのようになっているのか、国内部ではテロリストたちとの蜜月も噂されている程に、危険な雰囲気を醸し出しているほど。そんなイランと協力してこれからを乗り越えていこうとしているのかもしれないが、核開発を行えるだけの技術力を有するようになっているだけに、イスラエル国内でもテロが根を張り温床となる可能性は捨てきれない。

もし仮にそんなことになったとしたら、イスラエルは国家としてまともに機能が出来なくなるほどの泥沼状態に陥ると予想できるはずだ。パレスチナとの関係に加えて、近年武装集団とは呼べなくなるほどに強大になっているテロリストたちの相手、両方を相手にして無事でいられるはずもない。

アメリカとの関係性

先ほど話した軍事兵器面で、アメリカから多額の援助を受けているため支援を受けられると思うが、この行動によりそれまでの関係が簡単に解消される可能性は高い。かつてはそれを明確にしていた部分もあったが、関係がドンドン冷えきった状態となっている中で危険な賭けを行ったイスラエル。本当に最悪のシナリオは2つの勢力に襲われるイスラエルが国際社会に救援を求めても誰も応じず、国そのものが解体されるなんて事もありえる。

かつてアメリカとイラクの戦争でも、独裁者として追われたサダム・フセインの末路も呆気無いものだった。イスラエルもそんな結末へ行き着くのかは、今後の情勢次第だろう。

国際社会からの孤立

こんなイスラエルの状況によく似ている国といえば、北朝鮮が良い例だろう。閉鎖的で、その実態を知ることの出来ない国は時に韓国ともにらみ合いを続けている。実体が見えない恐怖もあるが、同時に彼らが国内で何をしているのかが全く見えてこない。そして国情も伝播されないよう情報統制を行っているが、風に聞こえた噂では内情は悪化の一途を辿っているという。

国際社会からの孤立はこのような状態へ簡単に追い込まれる。誰に助けを乞うても応えてくれない、危機的状況になっても周囲は静観しているだけ、そうなればパレスチナにすれば好機と見なされ、そしてイランが一度その矛先をイスラエルに向ければどうなるかは、言うまでもないでしょう。この世界で一つの国が単独で生きていくなど不可能と言える、イスラエルはそれを自分で追い込んでしまったことになっている。

戦争を題材にした作品
切手の買取業者をお探しの方は必見です!切手買取は安心のU-Mart!業界価格の満足買取!カンタン・ラクラク!郵送買取に対応しております!切手買取のお問合せ、郵送買取のご予約などは、当サイトのフォームにてお気軽にご連絡ください。

総括として

イスラエルという国についてはこんな国となっている。何というか、オオカミは嘘をつくの世界観で繰り広げられている内容がそのままイスラエルの人々に当てはまるわけではない。劇中で感じられる民族間の問題、宗教的な問題などのリアルな問題を垣間見ることが出来るのかもしれない。ただ映画はR-18指定となっているほど、バイオレンスとも、グロテスクとも言える表現のオンパレードとなっているので、視聴する際にはご注意ください。

映画から見る、超軍事国家イスラエルの狂気性を考察

オオカミは嘘をつく、という映画作品をご存知だろうか。実の娘を殺された父親の怒りが犯人と思しき人間へと向ける狂気が、これでもかと表現されている内容だ。この映画は中東でも過激な国情を持つ『イスラエル』国内で制作された作品となっている。映画から見るイスラエルという国の事情、かつて聖地も存在していたはずの国で何が起きているのかを、このサイトで独自考察していく。

衝撃のドキュメンタリー

弊社は札都 注文 分譲住宅の販売も行っております。 こちらもおすすめとなっている物件ばかりとなっているので、お急ぎの方、計画している暇がないという方にもオススメとなっています。